妊娠線は一生消えない?勘違いしてると危ない妊娠の基礎知識

できてしまった妊娠線は、一生消えないの?

 

そもそも妊娠線はお腹が急激に大きくなって、
皮下組織が変化に耐え切れず、ひび割れてしまった状態です。

 

妊娠によって短期間で急激に体重が増えた時や
小柄な方に多く見られます。

 

かゆみを伴うことが多く
1度できると元通りには消えないことも特徴です。

 

なので、妊娠線の跡を肌に残したくない場合には、
予防ケアが必要なんですね。

 

妊娠線は肌トラブルの1種なので、
顔と同様に保湿が大切です。

 

入浴後や朝の肌ケアの際に
お腹にも保湿クリームを塗り、
優しくマッサージしましょう。

 

妊娠後期はお腹が大きくなり、
下の方は見えにくくなるので、
体全体を保湿することが重要。

 

このように保湿することで
肌が潤って柔軟になるので、
お腹の皮膚が伸びやすくなり、
妊娠線を防止できるんですね。

 

妊娠線のケアの際は
専用クリームを活用すると、
妊娠中も安全にケアできます。

 

 

妊娠線は1度できてしまうと、
完全に消えることはありません。

 

ですが、最初は赤紫色でも
出産後になると白っぽくなり、
少しずつ薄くなるんですね。

 

妊娠線ができても
保湿クリームを塗ってあげたり、
マッサージをしてあげることで、
目立たないようにケアできます。

 

妊娠線のケアは、
妊娠線ができてしまっても
諦めないことがポイントです。